最初に理解しておきたい3つのヘアカット基本

カットの基本1
Pocket

カットをこれから学ぶ際に押さえておきたいヘアカット基本の3つのポイントがある。このポイントを初めに理解しておくことで、これから学ぶカットの理解度が格段と上がる。

基本を押さえずに、なんとなくカットをしているのでは、実際のお客様のスタイル作りの練習に入ったときに、良くわからずに困ってしまう。

しかし、基本を押さえることで自分で考えてスタイルを作れるようになる。このブログを見ているあなたには、後者になって欲しいと願っている。是非参考にして欲しい。

3つのヘアカット基本

3つのヘアカット基本とは「ワンレングス」「グラデーション」「レイヤー」という3つのスタイルの定義・展開図・違いについてだ。

この3つの違いをしっかり把握しておくことで、これからカットの練習をする際に、練習しているスタイルを理解しながらカットできるようになる。それが、自分で考えてスタイルを作っていくことにつながっていく。

まず、ワンレングスの定義を紹介する。

ワンレングス定義
インサイド(内側の髪)とアウトサイド(外側の髪)のカットの切り口に段差のない状態。縦スライスに引き出した時に0度で切り口がスクエアになるスタイル

上記の定義の前半部分を展開図で説明すると画像1のようになる。

ヘアカットの基本(画像1)
*ワンレングスについて持って詳しく知りたい場合は、➤ワンレングスとは「ワンレングスを上手く切るための3つのポイント」を参考にするとさらに理解が深まるので是非見て欲しい。

つまり、内側の髪の毛と外側の髪の毛のカットの切り口に段差がなければワンレングスということだ。このカットの切り口の段差に幅が狭い段差があるスタイルはグラデーションとなる。また、段差の幅が広い場合はレイヤーとなる。画像2でワンレングス・グラデーション・レイヤーの段差の違いの展開図を見て理解しておこう。

ヘアカットの基本1(画像2)

次に、ワンレングスの定義の後半部分の“縦スライスに引き出した時に0度で切り口がスクエアになるスタイル ”の部分の確認をしておこう。次の画像3を見て欲しい。

ヘアカットの基本3(画像3)

画像3はワンレングスを縦スライスに引き出して切り口がスクエア(四角)になる方向で引き出した展開図だ。ワンレングスは、0度でスクエアになる。そのため、ワンレングスの角度は0度となる。

合わせて、グラデーションの角度も確認しておこう。画像4を見て欲しい。

ヘアカットの基本4(画像4)

グラデーションはインサイドからアウトサイドまでの髪を縦スライスに引き出した時に、90度未満でカットの切り口がスクエアになるスタイルを指す。1度や2度、89度などでスクエアになるものもすべてグラデーションとなる。画像4は90度と0度の丁度間の45度で切り口がスクエアになっているので、45度のグラデーションのスタイル・展開図だという事がわかる。

最後にレイヤーの展開図も確認しておこう。(画像5参照)

ヘアカット基本5

画像5は、インサイドからアウトサイドまでの髪を縦スライスに引き出した時に、90度で切り口がスクエアになっている段差の入ったスタイルだ。この画像のように縦スライスで引き出した時に90度以上で切り口がスクエアになるスタイルをレイヤーという。

つまり、縦スライスに引き出した時に、例えば100度で切り口がスクエアになれば、そのスタイルは100度のレイヤーのスタイルということになる。

まとめ

このように「ワンレングス」「グラデーション」「レイヤー」の段差の違いと角度の違いを明確に理解しておくことで、それぞれの基本のスタイルの違いを理解することが出来る。

スタイルは、基本的にはこの3つのものが1つ~3つ組み合わさって一つのスタイルが作られている。3つのヘアカット基本を理解しておくことで、例えば「このスタイルの下の部分は段差がないからワンレングスでカットされているな」とか、「このスタイルのサイドの部分は幅の狭い段差が入っているのでグラデーションでカットされているんだなあ」というようなことを自分で考えてスタイルを理解することが出来る。

最後にグラデーションとレイヤーの定義もまとめて紹介するので、この機会に覚えておいて欲しい。グラデーションについてさらに理解を深めたい場合は➤グラデーションボブとは?理解するための3つのポイントを参考に見て欲しい。

グラデーション定義
インサイド(内側の髪)とアウトサイド(外側の髪)のカットの切り口に幅の狭い段差のある状態。縦スライスに引き出した時に0度より上で90度未満の角度で切り口がスクエアになるスタイル
レイヤー定義
インサイド(内側の髪)とアウトサイド(外側の髪)のカットの切り口に幅の広い段差のある状態。縦スライスに引き出した時に90度以上で切り口がスクエアになるスタイル

最後に

もしあなたがこれから何か目標に向かって取り組む場合は下記を参考に考えてみて欲しい。下記の流れに沿って考えることで、あなたが目標を達成するために取るべき行動が明確になる。そうすることで、あなたは考えなかった場合と比べて、早い段階で目標を達成することができる。是非参考にして欲しい。

目標を達成するための●つの思考法

下記の質問に答えると自然と思考が整理できるのでチャレンジしてみよう。ペンとメモ用紙を用意して書きだしながらすると整理がしやすいのでチャレンジしていよう。

①目標を決める

・あなたの目標は?(具体的に)
・いつまでに達成したいか?
・達成するとあなたにとってどのような良いことがあるのか?
・もし、達成したとするとどのような気持ちになるのか?

②目標に対しての現状はどのような状態か?

③目標が10点満点中10点だとすると、あなたの現状は何点か?

④現状の点数から目標の10点満点にするには、どのような方法があるか?ステップを考えてみよう。

まず、最初は何をする?
その次は何をする?
その次は?
・・・・・
10点満点にたどり着くまでのステップを考えよう。

⑤④で考えた各ステップについて、具体的に、いつ、どのようにするのかを出来る限り具体的で、実行可能な行動計画をつくろう。

出来るだけ、数値化、数量化して考えよう。
例)練習する → 毎週水曜日の朝8時から30分間、ワンレングスのカットを3回する。
最初のステップを具体的な行動計画にするとどうなる?
その次のステップは?
その次は?
・・・
④で考えたステップを全て具体的な行動計画に落とし込む。

 

 

 

Pocket

カットの基本1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です