ミディアムボブ切り方!はねやすい髪を収める3つのポイント

ミディアムボブ切り方12
Pocket

「髪がはねてしまう・・・」「はねないようにしてほしい・・・」このような悩みを持ったお客様は多い。しかし、はねないようにカットしたくても、どうすればはねずにキレイに収まるのかわからないため、なんとなくカットしてしまう。ブローでごまかしてしまう。そんな経験はないだろうか?

今回は、ミディアムボブのスタイルを通して、はねやすい髪を収める3つのポイントを紹介する。是非、一度ウイッグで試してみて、お客様に実践してみて欲しい。ポイントを実践すれば、ミディアムボブのスタイルがキレイに収まることを約束する。

今回のスタイル

ミディアムボブ切り方

今回のスタイルは、

クロワッサン特別編集 大人の髪型はつややかに、華やかに おしゃれヘアカタログ。 (マガジンハウスムック)
 
34ページのスタイルをカットしている。今後もこのスタイルブックから選んでカットしていくので、是非1冊手元に用意しておいて欲しい。(上記のリンクからアマゾンで購入できます)

このスタイルを切りながら、はねやすい髪を収める3つのポイントをカバーしてミディアムボブをカットしていく。

ミディアムボブ切り方スタイル
 
*ブログに画像を載せる許可を株式会社マガジンハウス様より得て載せています。 *ブログに画像を載せる許可を株式会社マガジンハウス様より得て載せています。

 

ミディアムボブで収まりを良くする3つのポイントとは?

ミディアムボブスタイルでの収まりを良くするポイントを3つ紹介する。ボブスタイルの定義や詳細は➤ボブとは「7つの用語で理解するボブスタイル」にまとめているので参考に見て欲しい。

1.アウトラインの設定を肩上から顎ラインにする

まず、絶対に必要な条件として、アウトラインの長さは方につかない長さにする。当然だが、肩につけば髪ははねてしまう。そのため、アウトラインの設定は、肩上から顎ラインの上の長さになるように設定する。

2.バックの段差をアウトラインから1cm~4㎝までの範囲にする

ミディアムボブ切り方2

バックに段が入っていないと表面の長さが長くなる。そのため、その表面の髪が外にはねやすくなる。

ミディアムボブ切り方3

図のように、アウトラインから1~4cmの範囲で段を入れると表面のはねる髪がなくなるので収まりがよくなる。

3.バックを直線でカットする

ミディアムボブ切り方5

アウトサイドとインサイドの髪のつながりのラインを丸みでつなぐと重みと、中間に髪の長さが残る。中間に長さが残った場合、はねる可能性がる。そのため、直線でつなぐようにする。

直線でカットするとフォルムはスッキリとするので、はねる髪がなくなり収まりがよくなる。

 

たった3ステップでショートからロングまで作れるGPS理論

はねやすい髪を収める3つのポイントを考慮して、ミディアムボブの切り方を紹介する。

切り方はGPS理論を使用して説明する。
*GPS理論は3ステップで簡単にあらゆるスタイルが作れるカット理論。

ステップ1「アウトラインをカットする」
ステップ2「段を入れる」
ステップ3「コーナーチェック」

GPS理論の詳細は下記のリンク先で詳しく説明しているのでこちらも読んで確認してほしい。
➤GPS理論詳細

今回の動画はこちら

ステップ1「アウトラインをカットする」

ミディアムボブ切り方6

今回のスタイルは、次の長さになる。

サイドのアウトライン・・・カールしてアゴとエラの間
後ろのアウトライン・・・顎下2cmの長さで床平行

ミディアムボブ切り方7

よって、今回のアウトラインの展開図は上記の画像のようになる。バックは床平行。サイドは前下がり。

 

ステップ2「段を入れる」

ミディアムボブ切り方8 ミディアムボブ切り方9

ステップ2では、まずGPをカットする。GPは後ろの髪の表面の真ん中の髪になる。今回のGPはアウトラインより3㎝上になる。

ミディアムボブ切り方10

GPが切れたら、次は段を入れていく。段の入れ方は、GPを中心とした放射状スライスをとっていく。各スライスのGPから生え際までの3分の2の髪の毛とGPを繋いでいく。スライスは片側が約4スライス~6スライスぐらいでカットできる。そのため、速くカットすることが可能だ。

段を入れると、GPを中心に3分の2の距離のサークル上に段が入り、残り3分の1は段が入っていない状態になる。今回のスタイルだけでなく、全てのスタイルでも同じ工程をするので覚えていて欲しい。

ステップ3「コーナーチェック」

最後はコーナーチェックだ。段を入れた3分の2と段を入れていない3分の1との間にコーナーという角が出来る。そのコーナーを必要に応じてカットしていく。コーナーチェックはGPとEPを境目にバックが3種類、サイドが2種類ある。

ミディアムボブ切り方11

バックのコーナーチェック

①コーナーチェックなし・・・後ろのフォルムが重たくなる
②丸みでコーナーチェック(コーナーを骨格の丸みに合わせてカットする)・・・自然なおさまりと丸みが出る
③直線でコーナーチェックする(コーナーを全てカットする)・・・フォルムがえぐれる、スッキリする

今回のバックは、フォルムがえぐれてスッキリしているので③の直線でコーナーチェックをする。

サイドのコーナーチェック

①コーナーチェックなし・・・段のラインが下に丸く重たくなる
②丸みでコーナーチェック(コーナーを骨格の丸みに合わせてカットする)・・・段のラインが直線的になる

今回のサイドは、丸みでコーナーチェックをする。

 

まとめ

今回はミディアムボブの切り方と、収まりを良くする3つのポイントを紹介した。

1.アウトラインの設定を肩上から顎ラインにする
2.バックの段差をアウトラインから1cm~4㎝までの範囲にする
3.バックを直線でカットする

今回紹介した内容を動画で実際にカットしている。是非、参考にして欲しい。そして、収まりを確認して、お客様に使ってみて欲しい。今回よりも短いショートボブのスタイルも同じ切り方で紹介している。今回のスタイルをカットした後に、是非こちらも合わせてカットしてみて欲しい。➤後頭部に美しいシルエットをつくる2つのポイント

 

Pocket

ミディアムボブ切り方12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です