希望の位置にボリュームがだせる!ロングレイヤー切り方!

ロングレイヤー切り方
Pocket

ロングレイヤーと言っても様々なスタイルがある。レイヤーラインをどこに持ってくるのかで、ボリュームの位置が変わる。狙った位置にボリュームを出すことが出来なければ、もはやそのスタイルはお客様の要望とは違うスタイルになってしまう。セットで何とかごまかすしかなくなるだろう。

そんなごまかしの仕事から、いち早く脱出するために今回は、3つのステップで簡単にスタイルが作れるGPS理論という切り方を紹介する。

日本カットアカデミーでも受講生からとても評判の良い理論なので、この機会に動画を見ながらチャレンジして欲しい。

今回のスタイル「ナチュラルなボリューム感のあるロングレイヤー」

ロングレイヤー切り方

今回のスタイルは、
  

クロワッサン特別編集 エレガントに、新しい自分を発見 おしゃれヘアカタログ (マガジンハウスムック)
 
70ページのスタイルをカットしている。今後もこのスタイルブックから選んでカットしていくので、是非1冊手元に用意しておいて欲しい。(上記のリンクからアマゾンで購入できます)

image4
 
*ブログに画像を載せる許可を株式会社マガジンハウス様より得て載せています。

たった3ステップでショートからロングまで作れるGPS理論

*GPS理論は3ステップで簡単にあらゆるスタイルが作れるカット理論です。

ステップ1「アウトラインをカットする」
ステップ2「段を入れる」
ステップ3「コーナーチェック」

ステップ1「アウトラインをカットする」

ロングレイヤー切り方

今回のスタイルは、次の長さになる。

サイドの始まり・・・顎下4cm
もみ上げ・・・肩下6cm
サイドの終わり・・・肩下10cm
バックセンター・・・肩下20cm

これらの長さは、すべてテンションかけて下ろした時の長さになる。各ポイントの毛先がどこからカールしていて、どこに毛先が来ているのか?体や顔のパーツを参考にしっかり毛を動かして決めるようにしよう。

例えば、サイドの終わりは正面から見たときの向かって右側を見ると、鎖骨上でカールしていてその毛先が目尻の下にきている、というようにしっかり見るようにしよう。

ロングレイヤー切り方

よって、今回のアウトラインの展開図は上記の画像のようになる。

 

ステップ2「段を入れる」

次はステップ2のポイントを記載する。

ロングレイヤー切り方 GP

ステップ2では、まずGPをカットする。今回のGPはカールした状態で顎の延長線上になるように設定する。
GPが切れたら、次は段を入れていく。

 ロングレイヤー切り方 段を入れる

段の入れ方は、GPを中心とした放射状スライスをとっていく。各スライスのGPから生え際までの3分の2の髪の毛とGPを繋いでいく。スライスは片側が約4スライス~6スライスぐらいでカットできる。そのため、速くカットすることが可能だ。

段を入れると、GPを中心に3分の2の距離のサークル上に段が入り、残り3分の1は段が入っていない状態になる。今回のスタイルだけでなく、全てのスタイルでも同じ工程をするので覚えていて欲しい。

ステップ3「コーナーチェック」

最後はコーナーチェックだ。コーナーチェックはGPとEPを境目にバックが3種類、サイドが2種類ある。

バックのコーナーチェック

①コーナーチェックなし・・・後ろのフォルムが重たくなる
②丸みでコーナーチェック(コーナーを骨格の丸みに合わせてカットする)・・・自然なおさまりと丸みが出る
③直線でコーナーチェックする(コーナーを全てカットする)・・・フォルムがえぐれる、スッキリする

サイドのコーナーチェック

①コーナーチェックなし・・・段のラインが下に丸く重たくなる
②丸みでコーナーチェック(コーナーを骨格の丸みに合わせてカットする)・・・段のラインが直線的になる

ロングレイヤー切り方 レイヤーライン

今回のコーナーチェックは、バック、サイドともに丸みでコーナーチェックをする。そうすると、画像の様にサイドの始まり(レイヤーの始まり)からGP(レイヤーの終わり)までがおおよそ床平行のレイヤーラインになる。レイヤーラインから下に段が入り、スッキリするのでレイヤーラインの2,3㎝上にボリュームが来ることとなる。

その結果、横からみると顎上の延長線上にボリュームがでる。正面から見たときにも顎上にボリュームがでる。そうすると、正面から見たときにスタイルブックと同じひし形のフォルムとなり、ほぼ同じスタイルを作る事ができる。

いよいよ動画!

さて、上記の各ステップのポイントを押さえたうえで、動画を見てみよう。そして、実際にウイッグを出してスタイルを作ってみて欲しい。

さらに詳しくGPSのステップの詳細はこちらにまとめているので是非見て欲しい。
http://japancut-a.com/?p=2504

最後に

GPS理論は今回のように非常にシンプルにスタイルを作る事が出来る。GPS理論をマスターすれば、鉛筆で紙に絵を描くように、髪にハサミで自分の切りたいライン、ボリューム、フォルムなど描けるようになる。自由自在にスタイルを作る事が出来るのだ。是非、マスターしてカットに不安をなくして楽しくイキイキとカットが出来るスタイリストで活躍して欲しいと願っている。

 

Pocket

ロングレイヤー切り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です